お知らせ

全記事値下げしました!
これを機にお試しください!

 

本番

見た目最高レベルのお姉さんセラピストとまさか生中出し! 新宿

2月出勤確認


どうもプラチナムでございます。

今回のセラピストの総合評価!

総評

(5点満点)
・スタイル:4点
・容姿  :5点
・ホスピタリティ :5点
・マッサージ技術:4点
・エッチな施術:5点

スタイル他

スタイル
・身長:160センチ位
・体型: スレンダー体型
・おっぱい: Cカップ程度

ルックス
・年齢:29歳
・美人系でハッキリとした顔立ち

ホスピタリティ
さすが人気があるなと思わせる丁寧な接客。
トークも男の気持ちを揺らすような感じ。
非常に気が利くので心も体も癒される。

プレイ内容

うつ伏せ→カエル足→四つん這い→あお向け→こちらからの攻め→生中出しセックス

・うつ伏せ
美人でスレンダーなセラピストに興奮しながら用意をした。
シャワーを浴びて紙パンツを履くと彼女がオプションで選んだMB姿で待っている。
そして、うつ伏せになると、本格的なマッサージをしてくれた。
ただ、メンエスだなと思うのが背中にしっかりと密着してくれたことだ。
セラピストのスレンダーながら柔らかな感触を味わいながらマッサージを楽しんだ。
オイルマッサージも気持ち良くてあっと言う間に時間が過ぎた気がする。

・カエル足
そして、カエル足になると、足の絡みが最高だ。
温かさを堪能していると、タマタマにも刺激をくれる。
股間を刺激されるたびに体全体で反応してしまうほど気持ちいい。
指も使ってタマタマやアレを刺激してくれる。
ソフトだがいい感じで焦らされて、M心が刺激された。

・四つん這い
四つん這いでは、紙パンツにしっかりと指を入れてくれた。
そして、アナルやタマタマをダイレクトにいじってくれるので最高だ。
しかも、腕をかなり奥まで入れて乳首もコリコリとしてくれる。
その途中でアレもいじられる。
乳首から手を戻すときにはアレを再度いじってタマタマへ戻る感じだ。
この動きをされたらギンギン状態になるのは仕方ないだろう。

・あお向け
その後あお向けになるが、足元から始めるパターンだった。
だんだんと上ってきてかなり焦らされる。
もう待ちきれないのだが、こっちに主導権がないので待つしかないw
鼠蹊部を焦らしながらいじってくるので、こちらは悶絶してしまう。
それを見て彼女は結構嬉しいようだ。
美女がSっぽいプレイをしてくれると、かなり興奮する。
もう紙パンツがキツくて仕方ないどころか、はみ出してしまっている。

・こちらからの攻め
添い寝になって手コキを始めてくれたので、興奮しておっぱいを触ってしまった。
向こうもエロい表情になっていたので、大丈夫だろうと判断した。
そして、最初はMBの上からだったが、特に注意されないので、今度は直接触ってみた。
乳首をいじると、

「ん・・・」

とどうやら感じている様子。
でもまだ声を我慢している。
それで、今度は下も触ってみた。
やはり拒否されることはないし、濡れているのも確認できた。
それで、MBから手をいれて手マンを始める。
指がヌルッと入っていくほど濡れているのだ。

どんどんと彼女が興奮しているのが分かる。
完全にこちらに主導権を渡した形になるので、プッシュしてみた。

・生中出しセックス
ダイレクトに、

「最後までしたいなぁ」

と言ってみた。
頷いてくれたのでOKだ。
しかも、ゴムという条件は出されなかったので、そのまま挿入することにした。
正常位で股を開かせて、ゆっくりと入れていく。
ヌルヌルとした感触で奥まで到達した。

「はん・・」

と感じてくれる彼女。
汁もどんどん溢れている中、ピストンしていく。
物凄い締まるアソコが気持ちいい。
彼女もエロい声で喘ぎ続けている。
ピストンのスピードを上げると、

「すごい・・おかしくなるぅ」

と大きな声で反応してくれる。
こっちももうフィニッシュが近い。

「もう出そうだよ」

と伝えると、

「そのままでいいからぁ・・あん・・いっぱいちょうだい・・」

とまさかの返答が返ってきた。
ちょっと戸惑ったが、お言葉に甘えてたっぷりと中に発射して終了だ。
お互い盛り上がったのでしばらく抱き合って時間になるまでイチャイチャしていた。

美人なのにエロいセラピストで、ぜひ再訪したいと思っている。

ではでは、皆様も楽しいエステ遊びを♪

ワクストはコチラ

マガブロはコチラ

メンズエステという性質上、記事での出来事はたまたま起きたことです。
同じ体験を保証するものではありません。
トラブルの責任は負いません。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 東京ナイトライフ情報へ
東京の夜はコチラにお任せ!
アダルトブログランキングへ

-本番
-,

Copyright© 東京アロマ・メンズエステ体験談 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.